top of page
  • mikuriyashika

年に1回は 口腔がん検診・歯科ドックを受けましょう

年々増加する口腔がんを早期に発見することは、歯科医師の責務です。

口腔がん早期発見のために、ORAL CANCER EARLY DETECTION NETWORKに入会いたしました。

咽頭も含めた口腔がんの統計では、年間約23,700人が罹患し(2019年)、8,000人以上が死亡しています(2021年)。罹患数を30年前と比較すると約3倍に増加し、現在でも増加傾向にあって死亡率も高くなっています。

口腔がんによる死亡者を減少させ、口腔がんで苦しむ患者を救うために歯科医師、歯科衛生など歯科医療関係者が果たすべき役割は極めて重要です。

口腔がんの場合、初期は自覚症状がほとんどありません。痛みがある、食べ物や飲み物がしみる、違和感がある、首のリンパ節が腫れる、なかなか口内炎が治らない、といった症状が出てきたときは、すでにがんが進行している状態です。

当院の歯科ドックでは歯や骨の健康状態だけではなく粘膜の異変など早期発見出来るよう詳細な検査も行っております。

アメリカをはじめとした先進諸国では、口腔がんの早期発見、早期治療が行われているため、がんになる確率は高くても、死亡率は減少傾向にあります。しかし、日本ではどちらも増加の一途を辿っています。

口腔がんの5年生存率は60~80%と比較的高く、初期の段階で発見、治療をすれば、十分に元の生活を取り戻すことが可能です。しかしステージが進んでしまうと命を救うために手術で舌や顎の骨を切除しなければいけなくなり、食事や会話がとても不自由になってしまいます。

虫歯や歯周病の予防も重要ですが歯だけではなくお口の中の粘膜の病気を見逃さないためにもメインテナンスには適切に通うようにしましょう。





閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentarios


bottom of page